2021年度 役員紹介



 

外部監事 髙田 忠宜

第50代理事長

 



監事 筬島 繁

公益社団法人 日本青年会議所

九州地区 福岡ブロック協議会

第5エリア担当副会長



 

直前理事長 園田 康介

第51代理事長

 




副理事長 東 晃 

 

『明るい豊かな社会の実現』 1969年設立以来、先輩諸兄から脈々と受け継がれてきたこの言葉を胸に我々大川青年会議所は19年ぶり2度目となる福岡ブロック大会の主管を務めることとなりました。この節目の年に副理事長という大役を仰せつかり全メンバーとともに理事長をお支えし、自分に与えられた福岡ブロック大会主管および会員の拡大と資質向上という使命を全うする所存であります。

 入会5年未満のメンバーが半分を超える大川JCにおいて、福岡ブロック大会の主管を経験できるというのは、そう何度も経験することができないであろう大きな機会です。LOMの垣根を越えた会員交流、各団体や世代を越えた地域交流、大川市や大木町と連携して作り上げる行政との交流など、本年度の大川JCメンバーにはあらゆる機会が存在いたします。これらの機会が、メンバーはもちろんすべての参加者の方の『益』となるよう、事業内容を全力で構築してまいります。 

 全国的に会員拡大が重要視されています。40歳で卒業を迎えるJCは常に新たな会員を増やし続けなければ会員数は確実に減少していきます。JCが存在しているかぎり永遠に続く会員拡大という事業は、まちに必要とされる時代に即したJCであるためにも歩みをとめてはいけません。ブロック大会の主管を務める中で、未来の新たな仲間との出会いもあるでしょう。しっかりとJCの存在意義を伝え、今後のさらなる会員拡大にもつなげていきます。

「ひとはひとによって磨かれる」といわれます。JCが行う様々な活動や運動のなかにおいて、幾度とない自己成長の機会があります。自分が与えられた課題に真摯に取り組むことで青年経済人としてのリーダーシップや資質向上につながると考えます。一人ひとりがJCの活動や運動をとおして、まちや家庭にアウトプットすることが、地域社会への恩返しとなり、まちのさらなる発展につながります。資質向上という面を今一度、あらためて深く真剣に考え、能動的に行動に移してまいります。

結びに、福岡ブロック大会を主管するという素晴らしい機会を全メンバーで共有し、ともに切磋琢磨し大川JCの飛躍、そしてまちのさらなる発展につなげていくことをお誓い申し上げます。これまで大川JCに関わってこられたすべての人に感謝して若者らしく情熱的に一年間邁進致します。


副理事長 龍 元気

 

 2021年度副理事長という大役をいただき、身の引き締まる思いです。まずは理事長所信、基本方針、基本理念を十分に理解し理事メンバーはじめ会全体で理事長を支えてまいります。

本年度は福岡ブロック大会を私たち大川青年会議所が主管いたします。この大会は明るい豊かな社会の実現をめざす我々の運動、故郷の魅力を発信する貴重な機会と考えます。またメンバー自身、組織としても成長できる素晴らしい大会にできるよう尽力してまいります。

 私たち大川青年会議所は1969年発足以来様々な事業を展開しこの大川市、大木町に寄与してまいりました。そして私たち大川JCは2019アクションプランにて持続可能な大川市、大木町の実現に向けて必要な「まちづくりのブランド化」について提言しております。大川市、大木町には木工産業以外にも様々な産業があります。この多種多様の魅力を結ぶことで新たな地域の魅力を創造し持続可能なまちづくりに寄与してまいります。

 また近年では毎年のように大規模な自然災害が起きています。私たち大川JCは大川市・大木町社会福祉協議会と災害時相互協力協定を締結しておりますが未だに連携体制が不十分であるのが実情です。互いが有事の際を常に想定し、迅速に行動に移せるよう連携を深め、安心できるまちをめざします。

 最後に、福岡ブロック大会という大きな機会を通じて各個人はもとより大川JCとしてもさらに魅力ある団体に成長していけるよう尽力してまいります。また委員会運営におきましては、委員長、副委員長と共に委員会メンバーのサポートをして互いが成長できるよう邁進してまいります。一年間どうぞよろしくお願い致します。

  

 



専務理事 植木 剛

 

 2021年度専務理事という大役を務めさせていただくにあたり、まずは自らを律し、メンバーの手本となるよう襟を正してまいります。本年度の理事長所信、基本理念、基本方針をしっかりと理解し、事務局長と協力して、理事長を補佐してまいります。

本年度、私たち大川青年会議所は、19年ぶりに福岡ブロック大会を主管させていただきます。故郷への想いを形づくり我々のJC運動を広く伝播させ、私たちの住み暮らす地域のさらなる発展に寄与する大会にするために、まずは組織力をより強固なものとする必要があります。我々の組織には、各々のメンバーが同じ目標に向かい、熱い想いで行動し、達成感や感動を共有することで真の友情を築くことができるという魅力があります。SNSなどの普及によりコミュニケーションが容易取れるようになった時代だからこそ心のつながりを大切にし、密にメンバーとの連携を図り、次世代につなぐ効果的な組織運営をめざしてまいります。

結びに、LOMメンバーと共に学び成長し、2021年度が今まで以上に飛躍の年になるよう精一杯努めてまいります。一年間どうぞよろしくお願いします。


事務局長 一ノ瀬 寛基

 

 2021年度事務局長という大役をいただき、その職務の重要性を深く認識し、全力で取り組んでまいります。

まずは、理事長所信・基本理念・基本方針を十分に理解し、専務理事とともに理事長を補佐し、会の円滑な運営に努めてまいります。当会議所の事業はもとより、その他の事業においてもメンバーに積極的に出席していただけるよう迅速・丁寧な案内を心掛け、活気ある組織づくりへとつなげてまいります。

2021年度は事務局内における備品や資料を把握・管理し、デジタル化を推進していくことで無駄を省き、各委員会が魅力ある事業を実現できるように予算を適正に管理、運用致します。

結びに、JC運動をとおして自己を研鑽し、率先して行動してまいりますので一年間よろしくお願い致します。

 



煌!総務委員会 委員長 行徳 敏弘



煌!総務委員会委員会 副委員長 龍 慎也



大川MSK委員会 委員長 今村 嘉一郎 



大川MSK委員会 副委員長 木元 由加里



大川のチカラ創出委員会 委員長 松林 智徳 



大川のチカラ創出委員会 副委員長 村尾 善孝