2022年度 役員紹介


外部監事 筬島 繁

 

 

直前理事長兼監事 石井 祐輔

第52代理事長

 



副理事長 松林 智徳

 

本年度は、まちづくり・拡大研修事業を担当する副理事長として、1年間責任を持って担いを全うしてまいります。

まず、まちづくりにおいては、伝統行事の継承や木工まつりへの参画をとおして故郷の課題に真剣に向き合い、議論を重ねて事業を行ってまいります。その際、旧来の手法を繰り返すだけではよりよい変化を生み出す事はできません。わたしたちが産学官民の基点となることで多方面から参画と協力を促し、地域の力を合わせて事業を行ってまいります。

近年、大川青年会議所の会員数は減少傾向にあります。これ以上会員が少なくなると大きな事業を行う事が困難になり、組織の存続も危ぶまれてしまいます。そのため、今後は継続的な会員拡大を実現することによって、持続可能な団体とする必要があります。継続的な会員拡大は、一部のメンバーが孤軍奮闘をする状況では実現できません。そのため、会員拡大の重要性を全員が共有し、意識を高める事でLOM一丸となった会員拡大に取り組んでまいります。会員拡大と併せて、メンバーのJAYCEEとしての資質向上が必要です。研修事業をとおしてメンバーの資質を向上させ、未来を担う人財を育成してまいります。

また、全体に共通して、大川青年会議所のブランディングを行ってまいります。大川青年会議所が持つ強みを再確認し、それを活かした事業を行ってまいります。

結びに、本年度は委員長をはじめ委員会メンバー全員が笑顔で充実したJC運動を行える環境を作ってまいります。1年間どうぞよろしくお願い致します。


副理事長 東 晃

 

「一人ひとりの日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたい」との想いを込められて、激動の平成時代から令和時代へと移りました。昨年は東京2020オリンピック・パラリンピック開催など国際的に飛躍し、これからの地方創生のきっかけとなることでしょう。コロナ禍によってもたらされた変化を前向きに捉え、このまちに住まうすべての人が「幸せ」と思うことのできる持続可能な社会の実現に向けて責任世代の我々が率先して行動に移してまいります。

本年は大川青年会議所が長年培ってきた産学官民との多種多様なネットワークを活かし、さらに大きな輪と成すことができるよう、多くの市民を巻き込んだ運動を展開してまいります。このまちの魅力を産学官民が連携協働していくことで地域活性化を図り、一体感のある地方創生につなげていきます。また防災の面においては、毎年のように起こる自然災害への対応力を向上させるため、起こりうる災害を想定し、ニューノーマルな防災・減災対策を考え、まちを想い迅速に行動できる災害に強い人財を一人でも多く増やしていきます。社会福祉協議会はもちろん産学官民との連携を深め時代に即した災害対策を推進し、能動的に行動に移し続けることで防災に強いこのまちの新たな価値を見出していきます。

 ひとの力が最大の資源である日本において教育、文化、スポーツの担う役割は非常に重要です。予測困難な時代だからこそ未来に夢を描ける機会が必要だと考えます。未来を担う子どもたちに対して、自ら課題を見つけ、自ら学び、考え、判断して行動する「生きる力」を醸成していくことが明るい豊かな社会の一歩となります。大川青年会議所はこれまで様々な青少年育成事業に取り組んでまいりました。その実績と築き上げてきたネットワークを活かし、子どもたち自身で「生きる力」をはぐくむことのできる事業を展開し、時代を生き抜く力をもった人財を育成してまいります。

 私たちを育て成長させてくれた先人たちとこの地域への感謝を根幹として、よりよいまちを次世代にしっかりとつないでいきます。この地域とまちに関わるすべてのひとが最高の「笑顔」という花を咲かすことのできるよう行動に移してまいります。

  

 



専務理事 龍 元気

 

 2022年度専務理事という大役をいただくにあたり、託された担いとその役割、そして責任の重さに身が引き締まる想いです。まずは理事長所信、基本方針、基本理念を十分に理解し事務局長と協力して理事長を補佐し、また組織の効率的かつ効果的な運営に務めてまいります。

大川青年会議所は「明るい豊かな社会」を実現して行くためにさまざまな事業に取り組んでまいりますが各委員会がより良い事業が構築できるようにメンバーとの連携を密にし、各メンバーはもとより大川青年会議所がより魅力のある団体に成長できるようにサポートしてまいります。

先輩方が培われてきた大川青年会議所を次世代につなげていくために一所懸命努めてまいりますので、1年間どうぞよろしくお願い致します。


事務局長 秋田 耕輔

 

 2022年度大川JCの事務局長という大役をいただき、その責任に身の引き締まる思いです。まずは、理事長所信・基本理念・基本方針を十分に理解し、理事長のもと専務理事を補佐し、スムーズな運営に尽力してまいります。また、理事会や各事業が円滑な運営ができるよう各委員会とも協力して議案の精査を的確に行い、各種事業の案内を迅速に行うよう心掛けます。事務局管理については、予算を適正に運用・管理しメンバーが活動しやすい環境づくりに取り組んでまいります。

2022年度は、総務委員会と共に、私たちの運動を多くの方に知っていただくための外部報などの広報手段を再考し、認知度の向上と新たな同志との架け橋となるようホームページの充実やSNSなどの時代に即したツールを活用します。

結びに、この大役をいただいたことを、修練を積む絶好の機会と捉え自身の成長につなげることができるよう全力で努めてまいります。

1年間どうぞよろしくお願い致します

 



スマイル総務委員会 委員長 木元 由加里



スマイル総務広報委員会委員会 副委員長 野中 裕介



ヒーローアカデミア委員会 委員長 一ノ瀬 寛基



ヒーローアカデミア委員会 副委員長 津村 健斗



火種びと委員会 委員長 行徳 敏弘



火種びと委員会 副委員長 森田 香