委員会紹介(大川MSK)

【委員会紹介】

大川MSK委員会

委員長 今村 嘉一郎 君

 

~運営方針~

 未来につながるまちの創造、災害につよい地域の構築が当委員会に求められる主たる役割です。この実現に向けて事業をおこない、地域を想う気持ちをさらに高められるように努めます。

 私たちの住む大川市・大木町は、日本有数の木工業が基幹産業として根付いており、他にも医療、農漁業など多様な産業があります。それに伴い、多くの団体が存在し、地域を想う気持ちも醸成されています。この想いを連携することで、地域活動への参加意識をさらに高め、未来につながるまちづくりの創造に貢献してまいります。

 魅力あるまちづくりには、安心して暮らせることも必要な要素です。近年、災害による被害が増えており、地域を守るためには、自治体だけでなく企業も災害対策をしておくことの重要性が増しています。自治体と住民に加え、民間組織の防災意識を高めることで、災害時の対応力を強化し、災害につよい地域の構築に貢献してまいります。

 本年度は、大川JCが福岡ブロック大会を主管します。大川エリアのあふれる魅力を、地域の方と一緒に発信することで、愛郷心を育み、地域の連携を活かした持続可能なまちづくりへのきっかけとなる大会とします。

 最後に、委員会メンバーの健康に留意し、web会議など新しい取組みを導入しながら運営を行います。 未来につながるまちづくりを目標に、強いチームとなれるように、また、個々が成長し未来を担う人財となれるよう委員会運営に取り組みます。

 

本日はまちづくり担当の大川MSK委員会の紹介をさせていただきました。

明日は拡大担当の「大川のチカラ創出委員会」をご紹介致します。